Last week I spoke at Ruby World Conference and in my presentation, I talked about what the United States and other governments were doing to transform how we create services for our people using technology.

米国. ディジタルサービスのPlaybook

U.S. Digital Services Playbook

    Design

  1. 人々が必要とするものを
理解する
    Understand what people need

  2. 全経験に、始めから
終わりまで演説しなさい。
    Address the whole experience, 
from start to finish
.
  3. それを簡単および
直観的にする。
    Make it simple and intuitive
  4. Support Delivery of Software

  5. 敏捷で、
反復的な練習を使用して
サービスをつくる。
    Build the service using 
agile and iterative practices

  6. 納品をサポート
する予算と構造を構築する。
    Structure budgets & contracts 
to support delivery
  7. The people who make the software matter…

  8. 1人のリーダーを割り当て、
その人が説明責任を持つ

    Assign one leader and 
hold that person accountable

  9. ベテランのチームで
    Bring in experienced teams
  10. Our tools and how we use them matter…

  11. 新しいテクノロジー
スタックを選ぶ。
    Choose a modern technology stack.
  12. 適用範囲が広いホ
スト環境で展開する。
    Deploy in a flexible 
hosting environment.
  13. テストとデプロイを
自動化する。
    Automate testing & deployments.
  14. 再使用可能な
プロセスによってセキュリティおよびプライバシーを管理する。
    Manage security and privacy 
through reusable processes.
  15. Data is powerful.

    We want to make thoughtful decisions based on data and we want that power in the hands of our people.

  16. データを使用して
決定する。

    Use data to drive decisions


  17. オープンであることを
デフォルトにする。
    Default to open

Many thanks for translation help from my friend Ikuko and the professional interpreters from Ruby World Conference for this portion of my presentation. I have also posted the complete slides.

2 thoughts on “digital services playbook in japanese

What do you think?